妊娠中のレーザー脱毛は避けるべき?

はじめてのレーザー脱毛!

妊娠中のレーザー脱毛は避けるべき?

.

妊娠中のレーザー脱毛の危険性

妊娠中のレーザー脱毛の危険性

妊娠中であっても女性はムダ毛は気になります。妊娠中でもレーザー脱毛をしても大丈夫なのでしょうか?それとも妊娠中は避けるべきでしょうか?レーザーの危険性としては妊娠中でも問題はありません。レーザー脱毛のレーザーは放射線やX線とは違い、母体への影響も胎児への影響もありません。しかし、できれば避けるべきかもしれません。なぜなら、妊娠中はとても精神が不安定になります。特に妊娠初期は気分も安定しません。レーザー脱毛は痛みも刺激も少ないとはいえ、ナーバスな神経に刺激にならないとは限らず、ストレスになってしまうことも考えられます。妊娠中のレーザー脱毛はできるだけ避けた方がいいでしょう。医療機関によっては、妊娠中はレーザー脱毛をしてくれないところもありますので、問い合わせをしてみてください。


ページのトップへ ▲

生理中のレーザー脱毛は避けるべき?

生理中のレーザー脱毛は避けるべき?

生理中のレーザー脱毛は避けるべきでしょうか?生理中のレーザー脱毛に関しては、妊娠中のレーザー脱毛とは違い、避けることはない、大丈夫と言われています。ただ、生理中はお肌が敏感になっています。その状態でレーザー脱毛を行うと少し痛みに敏感になるかもしれません。また、女性の身体はとてもデリケートです。生理中のようなデリケートな状態の時に精神的なショックや刺激を受けるとホルモンバランスを崩す可能性があります。ホルモンバランスを崩すと、お肌は荒れ、また毛深くなるとも言われています。もし、心配なようでしたら、生理中のレーザー脱毛は避けるべきかもしれません。


ページのトップへ ▲

ホルモンバランスを崩すと毛深くなる?

ホルモンバランスを崩すと毛深くなる?

ホルモンバランスが悪くなると毛深くなる、と言われるのは、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが増えると毛深くなるということです。ホルモンバランスが崩れる要因はいくつかあげられます。まずストレスを溜めるとホルモンバランスを崩します。ストレスを感じるとストレスに対抗する副腎皮質ホルモンの分泌が活発になり、肥満や高血圧、そして多毛症などを起こすと言われています。他にも、喫煙や急激なダイエットなどはホルモンバランスを崩す原因とされています。毛深くなることを避けるためにも、ストレスを溜めず、ホルモンバランスを崩す要因になることは避けるべきでしょう。


ページのトップへ ▲


| ホーム | レーザー脱毛とは | レーザー脱毛にはどんな不安がある? | レーザー脱毛の危険性は? | レーザー脱毛の副作用は? | レーザー脱毛のメリット・デメリット | レーザー脱毛の料金(費用) | 医療レーザー脱毛とは | 医療レーザー脱毛にはどんな不安がある? | 医療レーザー脱毛の危険性は? | 医療レーザー脱毛の副作用は? | 医療レーザー脱毛のメリット・デメリット | 医療レーザー脱毛の料金(費用) | どこの皮膚科でもレーザー脱毛は受けられる? | 良い皮膚科の選び方(レーザー脱毛) | 皮膚科でのレーザー脱毛の注意点 | レーザー脱毛で男性のひげ(髭)をスッキリ | レーザー脱毛のトラブルを避けるために | ダイオードレーザー脱毛とは | 家庭用レーザー脱毛とその効果 | 妊娠中のレーザー脱毛は避けるべき? |

Copyright (C) はじめてのレーザー脱毛! All Rights Reserved.