医療レーザー脱毛の危険性は?

はじめてのレーザー脱毛!

医療レーザー脱毛の危険性は?

.

医療レーザー脱毛の敏感肌に対する危険性

医療レーザー脱毛の敏感肌に対する危険性

医療レーザー脱毛はその安全性が評価されていますが、敏感肌やアトピー性皮膚炎などの肌への危険性はないのでしょうか?基本的にはアトピー性皮膚炎だからといって、医療レーザー脱毛ができないことはありません。逆に皮膚の弱い人やアトピーがある人は自分で処理すると、肌を傷めてしまったり、色素沈着を起こしてしまう危険性があるので、医療レーザー脱毛はかえっていい方法とも言えるでしょう。しかし、アトピーによって色素沈着や炎症を起こしている場合は、医療レーザー脱毛はやけどなどの危険性がないとは言えないので、その状態を見てから、適切な方法で進めます。肌がとても弱い方やアトピーのひどい方はできる限り危険を回避できるよう、その症状に合った機器と合った方法で医療レーザー脱毛をしてくれる、信頼できる医療機関で行うことをお勧めします。


ページのトップへ ▲

医療レーザー脱毛の日焼け肌に対する危険性

医療レーザー脱毛の日焼け肌に対する危険性

日焼けをすると皮膚にメラニン色素が大量にできます。そうすると、医療レーザー脱毛のレーザーのエネルギーが毛根のメラニンより先に皮膚のメラニン色素に反応してしまい、毛根のメラニンまで届かず、脱毛がうまくいかない危険性があります。また、皮膚表面のメラニン色素にレーザーが吸収され、やけどなどの皮膚トラブルを起こす危険性もあります。そういった危険性を避けるためにも日焼けした肌の医療レーザー脱毛は、期間を置いてから始めましょう。また、ホクロやシミがある場合、やはり、ホクロやシミのメラニン色素においても同じ危険性があります。状態や個人差によりますが、まずはホクロやシミを除去してから医療レーザー脱毛をしましょう。


ページのトップへ ▲

メラニン色素の働き

メラニン色素の働き

お肌のことやスキンケアの話には必ずといっていいほど出てくるメラニン色素。メラニン色素とは、体において作り出される色素のことで、皮膚の色や毛の色、目の結膜などに存在する黒色の色素のことです。レーザーを目に当てると障害を起こすと言われるのは、網膜にあるメラニン色素に反応する危険性があるからです。メラニン色素はメラノサイトという細胞によって生成されるのですが、その色素の量で、髪や毛の色が決まります。メラニン色素は有害な紫外線をさえぎる働きをしてくれる大切なものであり、また、お肌の色を黒くする、日焼けのもとである、シミのもとでもあります。しかし、このメラニン色素が少ないと皮膚がんになる危険性があるとも言われています。


ページのトップへ ▲


| ホーム | レーザー脱毛とは | レーザー脱毛にはどんな不安がある? | レーザー脱毛の危険性は? | レーザー脱毛の副作用は? | レーザー脱毛のメリット・デメリット | レーザー脱毛の料金(費用) | 医療レーザー脱毛とは | 医療レーザー脱毛にはどんな不安がある? | 医療レーザー脱毛の危険性は? | 医療レーザー脱毛の副作用は? | 医療レーザー脱毛のメリット・デメリット | 医療レーザー脱毛の料金(費用) | どこの皮膚科でもレーザー脱毛は受けられる? | 良い皮膚科の選び方(レーザー脱毛) | 皮膚科でのレーザー脱毛の注意点 | レーザー脱毛で男性のひげ(髭)をスッキリ | レーザー脱毛のトラブルを避けるために | ダイオードレーザー脱毛とは | 家庭用レーザー脱毛とその効果 | 妊娠中のレーザー脱毛は避けるべき? |

Copyright (C) はじめてのレーザー脱毛! All Rights Reserved.