医療レーザー脱毛の副作用は?

はじめてのレーザー脱毛!

医療レーザー脱毛の副作用は?

.

医療レーザー脱毛による副作用が出たら

医療レーザー脱毛による副作用が出たら

医療レーザー脱毛の副作用はほとんどないと言っていいくらい、安全性は保障されています。しかし、100%副作用がないとは言い切れません。その人に適切な医療レーザー脱毛機器を使用していなかったり、医療レーザー脱毛機器の出力が強すぎたり、適応部位ではない場所に医療レーザー脱毛を行ったり、お肌の状態によっては、医療レーザー脱毛によるやけどや炎症などの副作用が出る場合もあります。ただし、医療レーザー脱毛は医療機関において医師の管理のもと行われるものですから、もし、副作用が起こっても、症状に対する適切な処置ができるため、安心です。そうはいっても、副作用によっては早急に処置が必要なケースもありますので、痛みやかゆみ、炎症などが出たら迷わず、担当の医師や看護師に相談をしましょう。


ページのトップへ ▲

副作用を起こさないために

副作用を起こさないために

医療レーザー脱毛は基本的には毛根だけにダメージを与えるものですが、毛根で発生した熱がその周りに及ぶことがあります。それがやけどになったり、色素沈着といった副作用になってしまうのです。医療レーザー脱毛を施術後、そのせいでかゆみや毛穴の部分に赤い点々が出たり、やけどを起こす、毛穴の周りに色素沈着を起こすといった副作用が出る場合がありますが、ほとんどが数日後には消えていきます。また、副作用が出ないために、医療レーザー脱毛をした後は、日焼けには注意しましょう。皮膚に赤みがあるうちに紫外線を浴びると、色素沈着を起こす可能性があります。また、医療レーザー脱毛直後の入浴は避けてシャワーだけにしましょう。毛穴がふさがりにくくなるからです。医療レーザー脱毛が終わったからといって安心せず、その後の注意事項をよく守り、副作用が出ないように気を付けることも大切です。


ページのトップへ ▲

自己処理より医療レーザー脱毛?

自己処理より医療レーザー脱毛?

自己処理で脱毛を続けていると、毛穴にばい菌が入って毛のう炎を起こしたり、色素沈着を起こしたり、厚くなった角質のせいで毛が外に出られず埋もれたまま成長する埋没毛になったり、肌を痛めてしまったりする可能性は高いでしょう。そうなる前に、信頼できる医療機関で、安全で安心な医療レーザー脱毛を行う方が肌にとってはいいことかもしれません。その際は、医療レーザー脱毛が自分の肌に適しているか、最新の機器をそろえている医療機関か、トラブルが生じた時に相談にのってくれるか、といった点に注意しながら、信頼できる医療機関で行いましょう。


ページのトップへ ▲


| ホーム | レーザー脱毛とは | レーザー脱毛にはどんな不安がある? | レーザー脱毛の危険性は? | レーザー脱毛の副作用は? | レーザー脱毛のメリット・デメリット | レーザー脱毛の料金(費用) | 医療レーザー脱毛とは | 医療レーザー脱毛にはどんな不安がある? | 医療レーザー脱毛の危険性は? | 医療レーザー脱毛の副作用は? | 医療レーザー脱毛のメリット・デメリット | 医療レーザー脱毛の料金(費用) | どこの皮膚科でもレーザー脱毛は受けられる? | 良い皮膚科の選び方(レーザー脱毛) | 皮膚科でのレーザー脱毛の注意点 | レーザー脱毛で男性のひげ(髭)をスッキリ | レーザー脱毛のトラブルを避けるために | ダイオードレーザー脱毛とは | 家庭用レーザー脱毛とその効果 | 妊娠中のレーザー脱毛は避けるべき? |

Copyright (C) はじめてのレーザー脱毛! All Rights Reserved.