医療レーザー脱毛にはどんな不安がある?

はじめてのレーザー脱毛!

医療レーザー脱毛にはどんな不安がある?

.

医療レーザー脱毛の肌のやけどに対する不安

医療レーザー脱毛の肌のやけどに対する不安

医療レーザー脱毛は黒色である毛のメラニン色素に反応して毛根や毛乳頭を破壊し、毛の再生を防ぐ、という方法ですが、肌に含まれるメラニン色素に反応してやけどを起こすという不安はないのでしょうか?また、肌の弱い人にとっても不安に感じる要素でもあります。医療レーザーをメラニン色素に照射すると、熱を蓄積します。しかしその後熱を放出するという性質を持っています。その早さは大きさによるので、毛根くらい大きいと熱くなりにくく、冷めにくいのですが、肌のメラニンは小さいので、すぐ熱くなり、すぐ冷めてしまいます。時間差で熱を放出するということと、肌のメラニンは小さいので熱による破壊までには至らないという理由から、肌がやけどをするという不安はなくなります。よって、どんなにお肌の弱い人にとっても不安は少なくなると言うことが言えます。


ページのトップへ ▲

医療レーザー脱毛はどんな痛み?

医療レーザー脱毛はどんな痛み?

脱毛をする際、どれくらい痛いのか、どんな痛みなのかといった痛みに対する不安は当然でてきます。医療レーザー脱毛は痛みが少ない、という声はよく聞きます。しかしどんなに痛みが少ないとはいえ、毛根に熱を生じさせ、破壊するわけですから全く痛みがないとは言えません。どんな痛みかというとゴムで弾いたような痛みを感じるとよく言います。特に毛がしっかり生えている初回が1番痛みは感じるようで、徐々に少なくなっていくようです。太く生えている部位は痛みがその他と比べて痛みは感じるようです。もし、どうしても耐えられないという場合やデリケートゾーンなどを医療レーザー脱毛する場合は、注射による麻酔や塗る麻酔などの麻酔をすると痛みは緩和されます。


ページのトップへ ▲

医療レーザー脱毛の永久性に対する不安

医療レーザー脱毛の永久性に対する不安

かなり毛が多いし太いのだけれど、医療レーザー脱毛で本当に毛がなくなるのか?という不安、医療レーザー脱毛をしてどれくらいきれいなままでいられるのか?という不安もでてきます。どんなに毛が太くても、どんなに多くても医療レーザー脱毛はできます。また、脱毛の永久性については、まだ立証されていません。医療レーザー脱毛が始まったのは1996年ですから、まだまだ永久に生えてこない、ということは実証できていないのです。どんな脱毛が永久脱毛かとういうと、毛周期からみても、半年から1年毛が生えてこなければ永久と見られるということもあり、それに対して言えば、医療レーザー脱毛は永久的ということが言えるとされています。ですから、数年で元の状態に戻ってしまうという不安は限りなく少ない、と言えるでしょう。


ページのトップへ ▲


| ホーム | レーザー脱毛とは | レーザー脱毛にはどんな不安がある? | レーザー脱毛の危険性は? | レーザー脱毛の副作用は? | レーザー脱毛のメリット・デメリット | レーザー脱毛の料金(費用) | 医療レーザー脱毛とは | 医療レーザー脱毛にはどんな不安がある? | 医療レーザー脱毛の危険性は? | 医療レーザー脱毛の副作用は? | 医療レーザー脱毛のメリット・デメリット | 医療レーザー脱毛の料金(費用) | どこの皮膚科でもレーザー脱毛は受けられる? | 良い皮膚科の選び方(レーザー脱毛) | 皮膚科でのレーザー脱毛の注意点 | レーザー脱毛で男性のひげ(髭)をスッキリ | レーザー脱毛のトラブルを避けるために | ダイオードレーザー脱毛とは | 家庭用レーザー脱毛とその効果 | 妊娠中のレーザー脱毛は避けるべき? |

Copyright (C) はじめてのレーザー脱毛! All Rights Reserved.