レーザー脱毛の副作用は?

はじめてのレーザー脱毛!

レーザー脱毛の副作用は?

.

自分の肌を大切に

自分の肌を大切に

レーザー脱毛のレーザーには副作用はないと言われています。ただし、それはレーザー脱毛に関する知識と技術、レーザー脱毛機器に関する知識と技術、スキンケアに関する知識がある技術者が整った環境のもとでレーザー脱毛を行った場合に言えることです。しかし、安全で信頼のおけるところでレーザー脱毛を行ったとしても、低出力のレーザー脱毛機器で脱毛を行ったとしても熱は発生しますから、炎症ややけど、色素沈着などの副作用が100%ないとは言い切れないでしょう。もし、そのような副作用があった場合は、すぐに相談をし、適切な処置をしましょう。他人に任せきりにするのではなく、自分の肌は自分で守るという意識を忘れずにいることも大切です。


ページのトップへ ▲

技術者によって副作用は違う?

技術者によって副作用は違う?

レーザー脱毛そのものに副作用がなくても、それを扱う技術者が未熟な場合は副作用を伴ってしまうケースがあります。ニードル脱毛のように刺激や痛みが伴う脱毛法よりもレーザー脱毛を扱う方が手軽と考えられていたため、レーザー脱毛の技術が伴わなくても取り入れ、その結果副作用をまねく、という残念なトラブルが相次いだことも事実です。では、レベルの高い技術者とはどういったものでしょうか?まず、知識や技術が伴っていれば、その時の肌の状態を的確に判断し、正確な出力でレーザー脱毛を行うことができます。判断が間違っていなければ、やけどや色素沈着などの副作用を避けることができます。また、レーザー脱毛のしくみや機器に対する知識があれば、機器トラブルも回避することができます。また、的確な判断ができないせいで脱毛がうまくいかず、レーザー脱毛を長期に渡って行わなければならないこともあり、それは皮膚に対する新たな副作用を起こさないとも限りません。


ページのトップへ ▲

レーザー脱毛機器の発達

レーザー脱毛機器の発達

レーザー脱毛によるやけどや色素沈着などの副作用を出さないために、脱毛の機器も進化を遂げています。レーザー脱毛の機器には、毛根を燃焼させるエネルギーを照射した時に、皮膚のやけどを起こさないような工夫がなされている機器も増えています。例えば、冷却装置が内蔵されているレーザー脱毛機器は、レーザー光線が毛根に照射される時に冷却装置が働き、毛根の周りにやけどなどをさせる危険を防いでくれます。そのような装置はすべてのレーザー脱毛機器についているわけではありません。どんな機器を使用しているのかを確認することで、副作用の危険は少なくなります。


ページのトップへ ▲


| ホーム | レーザー脱毛とは | レーザー脱毛にはどんな不安がある? | レーザー脱毛の危険性は? | レーザー脱毛の副作用は? | レーザー脱毛のメリット・デメリット | レーザー脱毛の料金(費用) | 医療レーザー脱毛とは | 医療レーザー脱毛にはどんな不安がある? | 医療レーザー脱毛の危険性は? | 医療レーザー脱毛の副作用は? | 医療レーザー脱毛のメリット・デメリット | 医療レーザー脱毛の料金(費用) | どこの皮膚科でもレーザー脱毛は受けられる? | 良い皮膚科の選び方(レーザー脱毛) | 皮膚科でのレーザー脱毛の注意点 | レーザー脱毛で男性のひげ(髭)をスッキリ | レーザー脱毛のトラブルを避けるために | ダイオードレーザー脱毛とは | 家庭用レーザー脱毛とその効果 | 妊娠中のレーザー脱毛は避けるべき? |

Copyright (C) はじめてのレーザー脱毛! All Rights Reserved.