ダイオードレーザー脱毛とは

はじめてのレーザー脱毛!

ダイオードレーザー脱毛とは

.

日本で主流のダイオードレーザー脱毛

日本で主流のダイオードレーザー脱毛

脱毛用のレーザーには様々なレーザーが開発されています。医療機関で使用されているレーザーもそれぞれ違います。その中でもダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーはよく使用されているレーザーです。ダイオードレーザーを使用したダイオードレーザー脱毛やアレキサンドライトレーザーを使用したアレキサンドライトレーザー脱毛は、日本人の肌に合っているとされています。ダイオードレーザー脱毛のダイオードレーザーは毛根のメラニンに反応しやすく、他の皮膚組織に影響が少ないとされ、メラニンの多い黄色人種の肌には合っているのです。また、ダイオードレーザー脱毛やアレキサンドレーザー脱毛は、冷却装置が設置され、やけどに対する安全性を追求しています。痛みは少なく、脱毛の効果も高いとされています。


ページのトップへ ▲

ダイオードレーザー脱毛の特徴

ダイオードレーザー脱毛の特徴

アメリカの厚生労働省ともいえるFDAで認可されたダイオードレーザーを使用したダイオードレーザー脱毛は、痛みが少なく、短時間で処理できる点が特徴です。ダイオードレーザー脱毛は、その機器のヘッドの照射範囲が広く、1回の照射で約1〜1.8センチメートルの毛が処理できます。四角形に照射できることから、処理を残すことなく、確実に脱毛できます。また、ダイオードレーザー脱毛は産毛の脱毛もでき、男性のひげの脱毛にも適しているとされています。短時間で効率の良いダイオードレーザー脱毛は、料金を安くすることも可能とも言われています。


ページのトップへ ▲

その他のレーザー脱毛

その他のレーザー脱毛

ダイオードレーザー脱毛やアレキサンドライトレーザー脱毛の他に、ルビーレーザー脱毛やYAGレーザー脱毛などがあります。半導体レーザーは日本人の肌に合っているとされていますが、メラニンへの吸収率がとても高いルビーレーザーは、やけどの危険性が高く、メラニンの多い日本人の肌には合わないと言われています。YAGレーザーを使用したYAGレーザー脱毛はダイオードレーザー脱毛に比べて、メラニンへの吸収率が低く、日本人に適しているかどうかの症例が少ないとされていましたが、ロングパルスYAGレーザー脱毛など、日焼けした肌や男性のひげの脱毛に適しているとされ、日本においても使用する医療機関が増えてきています。


ページのトップへ ▲


| ホーム | レーザー脱毛とは | レーザー脱毛にはどんな不安がある? | レーザー脱毛の危険性は? | レーザー脱毛の副作用は? | レーザー脱毛のメリット・デメリット | レーザー脱毛の料金(費用) | 医療レーザー脱毛とは | 医療レーザー脱毛にはどんな不安がある? | 医療レーザー脱毛の危険性は? | 医療レーザー脱毛の副作用は? | 医療レーザー脱毛のメリット・デメリット | 医療レーザー脱毛の料金(費用) | どこの皮膚科でもレーザー脱毛は受けられる? | 良い皮膚科の選び方(レーザー脱毛) | 皮膚科でのレーザー脱毛の注意点 | レーザー脱毛で男性のひげ(髭)をスッキリ | レーザー脱毛のトラブルを避けるために | ダイオードレーザー脱毛とは | 家庭用レーザー脱毛とその効果 | 妊娠中のレーザー脱毛は避けるべき? |

Copyright (C) はじめてのレーザー脱毛! All Rights Reserved.